« 曇天 | トップページ | 移行 »

2018/10/14

歌詞



あの猛暑日はどこへ行ってしまったのか
きのうは日中でも20℃までいかなかった


ちょっと前まで37℃やら38℃だったのに
気づけばみんな急に冬の格好になってる


そして今朝は13℃、さすがフトンを出す
知らぬまに季節が変わっているから驚く


…………………………


起き抜けにブルッ!窓の外を覗いてみる


夜通しずっと雨だったのがあがっている
ただ、空にはまだ分厚い雲が覆っている

やれやれ、それでも少しはマシだなやと
やおらジャンパー1枚羽織って外へ出る


すると、おお!西の空にほんの僅かだが
ほんと久しぶり、これはいつ以来だろう

いつのまにか青い空がのぞいてる♪


あれ?つい口を突いて出ただけなのに
…ちょっと待てよ、これはなんだろう?

確かなんだかそんな歌があったような…


さすがなかなかそう簡単には出てこない
う~ん、よっぽど遠い昔の歌なのか……

いや、よし、なんとかここは集中だ


…………………………


歩きながら考えたらやっと思い出した!
こんな時はやっぱりスッキリ心が晴れる


それにしても不思議だ、なんてことだ…
こんなことで高校時代の下宿が蘇るとは

その間、心を飛ばしたのは10分くらいか
集中したのか一切の街の音が消えていた


ということでもう一度空を見上げてみる


すると……あれま、ほんとだ
思いつめた黒い雲は逃げてゆく♪


そして……やっぱりそうか
静かに音もたてずに時は過ぎている…


…………………………


◾️井上陽水「いつのまにか少女は」1973
https://youtu.be/5daM9Y27SOI


きみはどこで生まれたの育ってきたの
きみは静かに音もたてずに大人になった


1539477037picsay



|

« 曇天 | トップページ | 移行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 曇天 | トップページ | 移行 »